tadayokoblog.jpg タダオと横沢BLOG: タダオと横沢 meets 船戸博史/Bass 大阪京都 2Days!! 


西アフリカのジェンベと北インドのシタールが創造するこれぞ、未来派POP決定版!
最新型ASIAN GROOVE DUO“タダオと横沢”登場!
聴くべし!踊るべし!楽しむべし!
(丸橋基/FM OSAKA World Music Param)


タダオの、ただ者ではない超絶技巧シタールと
横沢の、全く横揺れしない縦乗りリズムとの融合は
あっというまに時空間を越えさせてくれる。
(チチ松村/GONTITI)



全国の大手レコード店などでご購入いただけます→ TOWER RECORDS_LOGO.jpg amazon.jpg hmv logo 00c.jpg


タダオと横沢Myspaceより試聴可能!!→ logo_myspace_comJ.jpg





       

2011年07月10日

タダオと横沢 meets 船戸博史/Bass 大阪京都 2Days!! 

    
7.30f.jpg-c.jpg


7.30b-c.jpg

タダオと横沢meets船戸博史
20本の弦を持つ北インドの弦楽器シタールと、西アフリカの打楽器ジェンベを使用し暴れまくる自由形ユニット「タダオと横沢」そんな二人が、関西ジャズシーンが誇るベーシスト
船戸博史をむかえておくるスペシャルな2日間!


[大阪]
2011年7月30日(土曜日) 開場19:30 開演20:00
at アバニコ 大阪市中央区西心斎橋2-10-27 森ビル1F (地下鉄御堂筋線心斎橋駅より徒歩6分)
TEL 06-6212-1610 http://www.cafe-abanico.com/
Charge :¥2500 (1drink付) 
■ご予約は TEL 06-6212-1610 (アバニコ)で承ります。お名前と人数をお伝えください。
当日受付にて精算させて頂きます。
■席数に限りがございますのでお早めのご予約をお願いします。


[京都]
2011年8月7日(日曜日) 開場17:30 開演19:00
at 拾得 京都市上京区大宮通下立売下る菱屋町815 (堀川丸太町バス停より徒歩5分)
TEL 075-841-1691 http://www2.odn.ne.jp/jittoku/
Charge :前売り¥1800 当日¥2000 (drink別) 
■ご予約は TEL 075-841-1691 又はメールjittoku_terry@hotmail.com(拾得)で承ります。
イベント名と日時、お名前と人数をお伝えください。ご入場時に前売り料金で精算させて頂きます。



■タダオと横沢
_MG_9364.JPG_effected.jpg
東インド・カルカッタで北インドの弦楽器シタールを学んだ石濱匡雄(いしはまただお)と、ニューヨークでアフロキューバン音楽を学び関西で古い活動歴を誇るパーカッショニスト横沢道治(よこざわみちはる)が結成したユニット。北インドのシタールと西アフリカの打楽器ジェンベを主に使用し、オリジナル曲を中心としたライブではインドやアフリカ、果てにはJAZZをも感じさせる音楽の「自由形」を打ち出している。2つの楽器とは信じられないような力強く即興的な演奏は各方面から絶賛の声を受け、現在関西を中心にライブイベント出演など精力的に活動中。 2010年ファーストアルバム「タダオと横沢」リリース!



■船戸博史
funato.jpg
同志社大学卒業後ジャズのベーシストとして歩み始める。世界各地を彷徨い1988年アフリカより帰国後、ジャンルにとらわれない音楽活動を本格的に開始。現在に到るまで多数のバンドに参加している。「ふちがみとふなと」 のほか、サイツ、ウィルキンソンブラザーズ、ビジリバ、No Wave等。自己の主催するものにはEQ(内橋和久(g)と古田マリ(perc)による即興演奏集団)がある。またジャズ、シャンソン等の世界に首をつっこむかたわら、いろんな民族楽器とのセッションも行っている。 1997年7月にオランダのノース・シー・ジャズフェスティバルにMonday満ちるのバンドで、1999年9月には大工哲弘と琉球フェスティバルに出演。主な共演者には梅津和時、片山広明、佐藤通弘、ジョン・ローズ、スティーヴ・ベレスフォード、渋谷毅、山木秀夫、林栄一、山本精一、千野秀一、ドーナル・ラニー、普久原恒勇、原マスミ、さねよしいさ子、大熊亘、高田渡、大島保克、大工哲弘、三上寛、横川タダヒコ等がいる。
posted by タダオと横沢 at 02:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。